野球を哲学する




[0] 野球を哲学する

投稿者: Descendant of Sophia 投稿日:2019年 3月 1日(金)09時25分31秒 

Also nicht sprach Zarathustra.

ドイツ語の使い方としては少しおかしいが
Also sprach Zarathustraにならって

本当にZoroaster(ゾロアスター)はそう語ったのか





[7] (無題)

投稿者: Stand up again 投稿日:2019年 4月26日(金)02時55分32秒  返信

お気に入りの選手はいいところだけが見える
活躍がいつまでも記憶に残る

そうでない選手は悪いところだけが見える
活躍してもすぐ忘れ去ってしまう
そのくせミスはいつまでも記憶する



[6] 万葉集 梅花の歌 32首 序文

投稿者: Stand up again 投稿日:2019年 4月 1日(月)13時39分41秒  返信

万葉集 梅花の歌32首序文
「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」

大伴家持のオヤジ大伴旅人によるもの

最初の元号は「大化」

中くらいか大きいのかよく分からない兄がイルカ退治
平和で善良なイルカを殺すなんて日本は野蛮国
といってオリヴィア・ニュートン・ジョンが急遽日本公演を取り消した
オリヴィア・ニュートン・ジョン怒りの会見でミンク数百頭からなるコートを着ていたとか
着ていなかったとか
何革のベルトに何革かの靴を履きイルカへの愛護を訴える
なんてオリヴィア・ニュートン・ジョンはいい人なんだ

そのイルカではなく
権力をほしいままにしていた蘇我入鹿を殺害
天皇家に実権を取り戻す

645年を言える者は多いんじゃないかな
この645年説にも疑義が出てきてるよう

最初の元号「大化」から数えて248代目に当たる
大化以降僅かばかりの空白はあるが1400年近くも続いてきた

中国古典に出典を得てきた
よく使われる漢字とそうでない漢字がある
俺は愛国者安倍だ
中国離れだ
たって漢字は中国のものなんだけどね
この漢字がなければ日本人の心は表せない
特許の概念のない時代
もし漢字使用に対して特許料を支払っていたらどれくらいか
ODAで文句は言えないな

昭和の「昭」と平成の「成」はただ一度だけの使用
たまたまか意図したものか

昭和は戦争とその後の復興の時代
平成は日本が直接関わった戦争が一度もなく平和な時代
ただ神戸の震災や東北震災
それによる原子力発電の崩壊等
大きな災害に見舞われた時代でもあった

新元号が何年続くかは予測できない
ただ総仕上げの時代となる者も多いのではないかな
そうでなくともそういう覚悟は常に必要

新しい時代がいい時代になればいい



[5] 新元号

投稿者: Stand up again 投稿日:2019年 4月 1日(月)13時03分14秒  返信

新元号は「令和」と決まったよう

現在世界で独自元号を持つのは日本だけ

元々漢字国にしかないもの
中国発祥

そこから日本や朝鮮・ベトナムなんかに伝わる

朝鮮・ベトナムは漢字を廃止し王政も廃止しているので当然元号も廃止
中国は漢字を使用しているが王政がなくなったので元号も廃止
現在も象徴天皇制を敷く日本だけに残った

過去は中国古典から
今回はじめて万葉集から

大和固有の言葉には「ラ」行ではじまるものはない
辞書を見れば分かる通り「ラ」行は薄い
単語としてあるのは漢語や外来語由来のもの

日本語にない「ラ」行をあえて持ってきた
そこが新しいとも言える

日本人の多くは「Leisei」と発音する
ただ国語の決めで「ラ」行は「Ra」と表記する
表記は[Ra]だが発音は[La]

大阪南部あたりの住民は巻いて「Ra」ということがある

textreamでべらんめえ口調を揶揄して巻き舌なんてあった
べらんめえは巻き舌ではない

「やってlaれねえよ」のlaは巻かない
大阪南部人の方がむしろ「ラ」行を巻いたりする

巻き舌ができればオペラ歌手には有利
イタリアオペラやドイツオペラで巻き舌ができないのは致命的
力感に欠ける
その内河内や泉州出身のプリマ・ドンナやプリモ・ウォーモが出るかも知れない

まあ舌の動きと歌の上手下手は別物

慣れかあまりしっくりとはこない
ただ「ラ」行ではじまる音は新しいかも知れない



[4] (無題)

投稿者: Stand up again 投稿日:2019年 3月31日(日)13時05分45秒  返信

これまではその元号の最後は言えなかった

元号がかわることは違う意味があったから

その元号がそろそろ終わるだろうなってことは予測できてもメディアなんかは記事にできない
戦前なら不敬罪
今でも不謹慎となる

生前退位
大きな声で平成最後と言える

それもあってあちこちで平成最後という声がするんだろう

一代限りの特例という
一代限りができるなら今後もできるということ

歴史の中では即位にまつわる様々な事件があった
陰惨なもの悲劇も多かった

そういうものがなくなった

イギリスなんかもそうだが長く在位していると皇太子が年負ってしまう

譲位に至った天皇の心中は分からない
ただ皇太子の年齢を考えたらいい時期かも知れない

元号がかわれば新しい時代に突入する感はある
独自元号を持つ国の国民の一つの特権だろう

新しい時代に少しでもいいことがあればいい

もうすぐ新元号が発表される

元号と共に新しい自分になれるか



[3] 平成最後の・・・・

投稿者: Stand up again 投稿日:2019年 3月31日(日)12時29分7秒  返信

平成最後って言葉に抵抗を感じるなんてあった

これは個人の貴重な考え方だろう
尊重されなければならない

同じチームのファンであっても天皇制を支持するかなんかでも違うだろう

個人的には天皇制にも日本独自の元号制にも賛成の立場

西暦と言っても所詮はキリスト元号
じゃあ日本には天皇の代だけのオリジナル元号があってもいいんじゃないかな
キリスト元号だって2019年くらいだからいい
これが45万6千7百83年なんてなったら来年は何年だなんてなるだろう
シリアルナンバーのよう
まあこれもどこかで区切りをつけるんだろうが


区切りがあるのはいい
月だって3月終わりで4月が始まるなんて
これがずっと78日325日なんてなると煩雑
3月最後があったり
12月31日は今年最後なんて
13月よりは気持ちの区切りをつけやすい

人間の脳はすぐに物忘れする
何かに関連付けなきゃ簡単に忘れてしまう

歩いて何か見ても海馬に40分程度しか留め置かれない
その内大脳新皮質に送られるはごく僅か
送られたものも余程の強い印象でもあるか反復するかしないと記憶から離れてしまう

平成最後のペナントレースは最下位だった
平成最後の年には新しい仕事を一つ増やした

そもそも30歳くらいのものなら平成しか知らない
様々な体験が平成内にある
幼児から青春時代
楽しいこと苦しいこと

月並みだが万感の思いで平成最後を見送ってるんじゃないかな

この言葉に反発を持つものはおそらく自身が昭和時代を過ごしたものだろう

幼児期や若い時期は見るもの触れるものが新鮮
だから時間の経つのが遅い

大人になると知っていることは脳がはしょってしまう
通勤路のクリーニング屋が開いてたなんてのも見過ごしたりする
どうにかしたら閉店してるのさえ何日も気付かなかったりする
見るもの触るものをはしょってしまうので時間が経つのが早くなる

おそらく平成の30年なんて何のこともなく過ぎ去ってしまったのだろう

個人的には元号を使用したのは平成がはじめて
昭和に生まれたが元号使用するシーンはなかった

役所関係なんかはまだ平成のまま
最初の頃は変換に戸惑った
係の人が教えてくれる
ついでに月日も教えてくれる
そういう人だと思われたのかな?

平成を使ったのは15年ほどだがそこにはいろんなことがあった
ほとんどは西暦で記憶しているが今じゃ変換もさっとできるようになった

日本は先進国と言っていいだろう
その日本が2千年という永きに渡って独自の元号を持つ
礼賛するものではないが興味深くはある

象徴としての天皇制が残る国
そんな国があってもいいんじゃないかな
まあこれには賛否両論があるんだろうが

まあ振り返るのは数年たってからかも知れない



[2] 大差試合での作法???

投稿者: USA 投稿日:2019年 3月12日(火)07時28分28秒  返信

メキシコ対ジャパン戦で、5点差リードでの盗塁に、報復行為が行われた。

同じような状況で、MLB、ボストン対タンパベイの試合。
5点差で3盗されたボストンベンチが走者を激しく野次り、走者も怒鳴り返し、ついに乱闘に。

https://www.mlb.com/video/benches-clear-in-7th/c-33161173

ただ、これには後日談があって、タンパベイの監督は、その前年、ワールドシリーズでボストンが8-2でリードした7回に、二盗を試み、その後得点を重ねて12-2で勝った試合を皮肉って、
「今日血気盛んにうちの選手を野次ってくれたボストンのRoss選手は、昨年もベンチにいた筈だが、あの場面当然味方を罵倒したのだろうな」と・・・・・

野球界の様々な「不文律」を見直すべきという声は、MLBでもちらほら聞こえるようにはなっている。

野球というゲイムを「どのように考えるか?」ということで、哲学の端っこに引っかかるかな?




[1] 永劫回帰

投稿者: Descendant of Sophia 投稿日:2019年 3月 1日(金)09時34分59秒  返信

ゾロアスター教に「永劫回帰」の考え方はない
Friedrich Wilhelm Nietzscheは本当にゾロアスター教の考え方を知っていたのだろうか

Nietzscheの著「ゾロアスターはかく語りき」で語られる「永劫回帰」は
仏教の輪廻転生とは異なる
Reincarnationでもない
といってParallel Worldの考え方でもない

というような大層なスレッドではなく
誰でも気軽につぶやけるスレッドとして


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.