ouen大いに吠える




[0] ouen大いに吠える

投稿者: Stand up again 投稿日:2019年 2月 2日(土)08時52分13秒 

テストスレッド





[199]

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月22日(金)02時47分37秒  返信   編集済

雪の写真。
通勤途上で。

昨日15センチほど積もって、道路は除雪が終わっているけれど、分離帯や雑木林は未だ雪景色。



[198] 夜空

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月19日(火)19時53分41秒  返信   編集済

今、6時直前、
夜明けまであと30分ほど。
まさに、払暁ですが、南東の空をみたら、さそり座。アンタレスが真っ赤

東北側からは、夏の大三角形が登りつつ。ヴェーガ(琴)、アルテア―(鷲)、そしてデネブ(白鳥)

夏の主役。
未だ寒気は衰えませんが、既に次の次の季節の星々がスタンバイ。

日本は、暦の上ですでに春。
しかしこちらでは春は、3月20日、春分の日(Equinox)から。2月は、一番ドカ雪の多い季節・・・・・



[197] Re: 突然吠える

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月19日(火)03時28分4秒  返信

因みに、今日はPresident Day(大統領の記念日)といって休日です。

私の仕事場は、でも休日ではありません(ブラック企業じゃないですよ、笑)

出てきたみんなで、今日はAnti-president Day(くたばれ大統領デイ)だねと笑いあっています・・・




[196] Re: 突然吠える

投稿者: Ouensitai.jp 投稿日:2019年 2月17日(日)12時10分28秒  返信

万里の長城?
ベルリンの壁。
発想貧困。
人知らず。

ウサさん、もっと吠えなはれ。

あのバカに。

ま、アメリカ強権に戻したいのかな?
オバマからの反動か?

壁。作れば済むのか?
違うやろ。犯罪者ばかりか?違うやろ。
クソ偏見。反吐がでる。
選挙の為と保身のためか、前からの不満を
埋めたいが為か。次、勝ったら
アメリカ仕舞いやな。
あらぁあかんわ。ほかに賢い人おらんの?



[195] 突然吠える

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月17日(日)02時00分29秒  返信

何、国家非常事態だと?
戦争でもやってるつもりか(議会相手に・・・)


壁で仕切るって、動物園の発想じゃないか。
今や、動物園だって、檻や柵を廃止する試みが進んでいるのに。



[194] Re: ドラ山本和範

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月16日(土)21時51分59秒  返信   編集済

> 近所のバッティングセンターで
> 練習してたとか。テレビでチラッとみました。

もともと、近鉄で一軍に上がれず、戦力外通知を受けた後、後年タイガースの投手コーチになった久保さんのつてで、池田市のバッティングセンターに就職していました。
2軍時代に山本に注目していたのが、南海の穴吹さん。彼が一軍の監督に昇格した時、山本を南海に入団させ、その後一気に才能が開花して、中軸を打つスタープレイヤーに成長しています。
金村氏は、若くして引退していく選手の中には、「なんでこれほどの才能が」という人もいたという例に、ドラこと、近鉄時代のこの選手を引き合いに出していました。



> ダイエーホークスで引退でしたっけ?
95年に右肩脱臼で成績を残せず、高年俸高年齢ということもあって、自由契約、
そこで、奇しくも古巣近鉄に移籍。そこでキャリアを終えています。

> パにはユニークな実力者いっぱいいましたね。
> オールスターでセが勝てないのが悔しかった。

オールスターを見るときは、複雑でした。
とりわけ、南海の選手と阪神の選手が出場しているのは、嬉しいのですが、対決する結果によらず、勝ったような負けたような・・・
この2球団が、1964年、日本シリーズで対決した時は、まだ物心ついていないので、よかったかもしれません(苦笑)。



[193] Re: お~い門田、盗塁してみ

投稿者: Ouensitai.jp 投稿日:2019年 2月16日(土)10時01分24秒  返信

山本カズ。

近所のバッティングセンターで
練習してたとか。テレビでチラッとみました。
ダイエーホークスで引退でしたっけ?
微かな記憶です。

パにはユニークな実力者いっぱいいましたね。
オールスターでセが勝てないのが悔しかった。



[192] Re: お~い門田、盗塁してみ

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月15日(金)10時20分4秒  返信   編集済

旧南海ファンには、いろいろ思い出が重なる映像でした。

門田が、野次に応えて盗塁?!
アキレス腱を切る前の門田は、盗塁も結構多かったけれど、復帰後は、無理して再発しないように自重していたはずですが・・・・
豚まんのレスポンスといい、ファンサービス精神旺盛・・・流石関西人。

ちなみに、門田の次?打者は、ドラこと山本和範。。。

これは何年の映像?
内田が、ブレ―ヴスでデビューしたのが、87年。
88年で、阪急南海の歴史は終わっていますから、
この2年のどちらか。
しかし、87年の阪急は、前半は首位争い。南海も「べべた」ではない(笑)。
88年かな? 南海と阪急は、4~6位で、上になったり下になったり・・・・
どうやらこちらですね。
この年門田44HRでキング。盗塁は2(笑)

そしてこの年、応援団長さんは、阪急の身売りを聞かされて失意のどん底。


山内孝徳。
まだ山内新一が現役の晩年、山内孝徳、山内和宏の2人が入団してきて、山内トリオと、穴吹監督が売り出した。
和宏は、最多勝も取ったし、速いテンポで要領よく勝っていたのに、孝徳は、毎年負け星先行、
11勝18敗とか、3勝13敗とか、投げれば投げるほど沈む気の毒な投手でした。
野次にもさえない顔で悩むあたり、性格が真面目過ぎたんでしょうね。



[191] Re:お~い門田、豚まんや~、一緒に食べよ~♪

投稿者: こすもたいが~ 投稿日:2019年 2月15日(金)06時49分37秒  返信   編集済

> こちらは、やけっぱちな応援合戦。80年代半ばだと思う。
> こういうのは実際に見たことはなかった。ただ、試合中継のBGM?的に聞こえたことはあったか?
> https://www.youtube.com/watch?v=dsCU99gM42k
↑(笑)オ、オモロすぎる。
応援団長のオッチャンもよう言うわ、言われた選手もよう乗ってくれるわ、
いやぁ、いいなぁ、古き良き時代。シミジミ…

大阪球場は遠いから一度も行かず。西宮球場は何度か行ったが
こんな名物ヤジ見た事なかった。一度ナマで見たかったなぁ…

↓阪急の応援団長、お年を召されましたね。でもお元気そうで何より。
http://bunshun.jp/articles/-/6773

↓球団売却時は失踪されたそうで。ホンマ辛かったでしょうね…
https://www.news-postseven.com/archives/20180526_678773.html



[190] Re: 大阪球場も吠える

投稿者: Ouensitai.jp 投稿日:2019年 2月14日(木)21時43分32秒  返信

いいやん。ルーツ。

ま、観客多い甲子園では無理。

ガラガラやからねw
よう聞こえるわね。

甲子園の野次はええ席やないと
選手になんざ届きまへん。

あとは周りの想いを汲んで
なおかつ自分も言いたい野次。
アルプスや外野から叫んでも聞こえない
まさに遠吠え。

パの応援さんらが野球支えてました。




[189] 大阪球場も吠える

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月13日(水)20時24分15秒  返信   編集済

You tubeにはなやかかりし?頃の大阪球場の情景を見つけた。

金村氏が語る、大阪球場のえげつない野次。
https://www.youtube.com/watch?v=vCQ6ufc-Q9o

ネット裏に陣取ったおっちゃんたちが飛ばしていたのが、まさにこれ。子供には何のことかわからないものも多かった(苦笑)。
年俸すら個人情報で保護されつつある現代からみれば、これは立派な犯罪・・・昔良き?時代だった。


こちらは、やけっぱちな応援合戦。80年代半ばだと思う。
こういうのは実際に見たことはなかった。ただ、試合中継のBGM?的に聞こえたことはあったか?
https://www.youtube.com/watch?v=dsCU99gM42k

こってこての大阪。
だが、これに郷愁を感じる自分もいる。
自分の中に、これと同じものを感じる瞬間もある(怖・・・)。



[188] 賑やかな

投稿者: Ouensitai.jp 投稿日:2019年 2月13日(水)18時35分6秒  返信

覗くとこが増えて楽しいね。

しかし、読売大補強。名前眺めても手強いな。
広島、丸抜かれて、痛いこっちゃ。
阪神なんとかCSへ。かな?



[187] (無題)

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月13日(水)05時05分39秒  返信   編集済

ひと吼え。
藤浪、しっかり。

頼むから今年こそ本領を発揮してくれ。
後がなくなってきたぞ・・・



[186] デジャヴ

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月12日(火)03時10分45秒  返信

本スレで、知ったのですが、マルテ(スペイン系はややこしいですね。本当は、ラストネイムが、2つあって、マルテ・パウリーノですから、さすが英語圏のMLBではマルテが呼称だったようですが・・・・)が、デジャヴをやったようですね。

SciFiの世界だと、同じイヴェントから、2つ以上の鏡像世界が作られて、すべての可能性を実現する並行宇宙に分かれていくわけだから、同じ結果が待つ確率は低いかと・・・・期待しましょうか。




[185] Re: インターステラー

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月11日(月)19時32分48秒  返信

>でも我らの阪神タイガースがレッドソックスと
> 肩を並べるまでには地球外コロニー待ちですか?

肩を並べていても、MLBとNPBという体制である限りこっちがそれを認めないでしょうから(笑)。

> パンケーキの借りを返せましたな  ( ̄▽ ̄)ニヤリ…

大阪の敵を亜米利加で討たれましたな・・・・

ちなみに当地、夜中に雪が降って、白装束。



[184] Re: インターステラー

投稿者: こすもたいが~ 投稿日:2019年 2月11日(月)10時54分32秒  返信   編集済

> 天文関係の掲示板では、Lucifer計画が実現可能か、実際に数値計算が行われています。
おお~、コレは凄い。実際数値計算で検証した人いるんですね。SF作家も大変だ(汗)
あ、確かに木星の遠さからだと熱の影響なさそう。これは盲点でした。流石です。

> インターステラー
まだ観てないんですよね…TSUTAYAが近所にあった頃は即チョイスしたであろう映画。
動画配信サービスの煽り?で店消滅。だったら宅配DISCASしろよとツッコまれそう…
お店で観たい映画を物色するのが楽しいんですよね。動画配信のバカヤロ~
あ、DAZN等の動画配信サービスで阪神戦やMLB観て楽しんでた。前言撤回(笑)

> 地球外のコロニーだったら、ニューボストンレッドソックスと、
> ニュー阪神タイガースが同じリーグで優勝争いもありそうですね。
これは夢が広がりますね!でも我らの阪神タイガースがレッドソックスと
肩を並べるまでには地球外コロニー待ちですか?(笑)

> その前に、温暖化や、大規模核戦争など、自分の住む星を危うくする行動を
> 規制できるかどうかの方が、危惧ですね。
科学の進歩は期待持てそうですが、戦争を回避する進歩は人類にあるかなぁ…
新しい星へ移住しても、領土どうのこうの陣取り合戦あったりして(汗)

> 仕方ないので、中古で5ドルのDVDを注文しました。
パンケーキの借りを返せましたな  ( ̄▽ ̄)ニヤリ…



[183] Re: インターステラー

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月11日(月)08時23分3秒  返信

この映画、ノーベル物理学賞を受賞したキップ・ソーンが、科学サイドを監修したことで、ブラックホール内外の映像や、事象の地平線(Event Horizon)を通過する宇宙船から見えるであろう風景などが、従来例を見ないほど科学的に考証されていることでも面白い映画です。

重要な役割を演じる俳優の一人がアン・ハサウェイ。
ただ、彼女のイメージは、バットマンのダークナイト・ライジングや、最近ならオーシャンズシリーズの最新作、オーシャンズ8での役柄の方が、似合っていると感じる次第。



[182] Re: 2010年宇宙の旅

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月11日(月)07時54分4秒  返信   編集済

>太陽系滅亡までに、人類は恒星間旅行を実現できるレベルまで科学技術を進歩させて
新天地を見つける事が、果たして出来るのだろうか…

私は楽観的です。
文明が興隆し始めて、1500年で、人類はここまで来ました。
あと、2~3000年の間に、生命の長期保存、時間と空間を操作する物理原理など、宇宙探索に必要な技術は出そろうことになるでしょう。

地球外からそのような技術が与えられる可能性もあるかもしれませんしね。

その前に、温暖化や、大規模核戦争など、自分の住む星を危うくする行動を規制できるかどうかの方が、危惧ですね。



[181] Re: 2010年宇宙の旅

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月11日(月)07時19分17秒  返信   編集済

懐かしくなって、2010年を見ようとして、Amazonのインスタントヴィデオを見たら、「現在この作品は、ダウンロードできません」という無情なお知らせ。

仕方ないので、中古で5ドルのDVDを注文しました。

やむなく、インターステラーを見直しています・・・・



[179] Re: 使用球問題(MLB)

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月11日(月)05時14分34秒  返信

>実際のホームラン増加は、しかし46%にも上っていて、製造工程の変化だけでは、説明ができないということも、ESPNはここで明言しています。

この20%近くの差を、ESPNのオリジナルのリポートは、Air-ball Revolution(いわゆるフライボール革命)、打者が意図的に射出角を挙げる打撃を狙いだしたことが原因と推測しています。
ここに、ボールの乾燥化による操作問題疑惑を絡めてもよいでしょう。

何故なら、この後、コミッショナーは「唐突に」全球場でのボール保管を一律化する通達を出していますから。



[178] Re: 使用球問題(MLB)

投稿者: pui 投稿日:2019年 2月11日(月)01時11分40秒  返信

> このESPNの報道者としての姿勢は、しかし自由主義国におけるメディアの存在意義を再認識させてくれます。
> 権威を持つ側が明らかにしない、したくない事実を公開するということです。
> これ、日本ではあまり見られないことで、そこは残念ですね。

この件はメディアが単独で調査してたんですねぇ。
確かに日本ではあまり見ないことですね。
2013年にNPBでも秘密裏に公式戦使用球が「飛ぶボール」に変更されたんですけど、その時はメディアではなく選手会の求めによっての事実判明でしたもんね。
(この時、コミッショナーがボールの仕様を変更されていたことを知らなかったと言ってましたがそれが保身の為でなく事実のように聞こえてしまったのが悲しかったです。)
もしNPBと選手の双方に利のある「秘密」があった時は・・・



[177] Re: 使用球問題(MLB)

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月11日(月)00時29分57秒  返信   編集済

> それが、あっさりと「ない」といわれてしまうと、仮説は、ぐらぐらです。

ところが、この報告書、読めば読むほど不可思議です。
空気抵抗だけが、変化した。
それなら、表面形状(シームの立ち具合、皮の材質など)、製造工程に起因するものの可能性が大、しかしそれは見つからない。
よって、この報告書とコミッショナーは、批判を浴びました。

そこで、ESPNが独自の調査を行いました。
https://fivethirtyeight.com/features/juiced-baseballs/

本題と関係ありませんが、彼らは、2015年以前の試合球と2017年前後のそれを比べています。
でも、どうやって2015年という歴史的過去のボールを手に入れたのか。

e-Bayなんですね(笑)。出品されている試合で使われた公式球を買ったとあります(そういう公式球なら、私も保持しています、笑)。な~るほど。
まあ、MLB機構に頼めば、使用されなかったボールがどこかに保管されているかもしれないけれど、それでは独自調査にもなりませんし、Conflict of interest(利益相反)の可能性を回避すべく、e-Bayに行ったと・・・

そして、確かにX線を使ってボール内部の構造を見ているのですが、もう少し専門的に言うと、医学で使われるCT(トモグラフイー、断層撮影技術)を使っています。
この技術を使えば、ボールを裁断することなく、内部構造を子細に分析できます。

そして、新旧のボールでは、コアー(地球みたいですね、マントルと、コアーがある)の密度に明らかな違いが見られた。
コアーの構造は周知のように、コルクの芯、それを取り巻くラバー(ゴム)バンド、それをさらに包む、ピンクラバー層。

違いは、ピンクラバー層に由来していた。密度が40%減っていたという結論です。

そこで、実際にボールを割って、このピンクラバー層を化学分析に掛けた結果、新しいボールはシリコン含有率が10%少なく、逆に重合体(プラスティックなどです)が7%多めだった。
この物性分析が、では実際のボールのパフォーマンスにどう影響するか?

一つは、重量で、0.5グラムの減少になります。しかしもっと大きなのが、反撥係数と空気抵抗。
空中を飛ぶ際、ボールは真円形で飛ぶわけではありません。その形状には、当然内部構造も影響を及ぼします。

その結果、ボールの飛距離は、3~5メートル伸び、ぎりぎりでフェンスに当たっていた打球の数を、Trackerから算出、それがスタンドインすることで得られる上昇を計算すると、
20%も増加し得ることが算出されました。


実際のホームラン増加は、しかし46%にも上っていて、製造工程の変化だけでは、説明ができないということも、ESPNはここで明言しています。

そして、残念なことに、コミッショナーと大リーグ機構は、これらの独立した調査について、コメントを拒否しています。
メジャーリーグをめぐる、黒い霧ですね。

このESPNの報道者としての姿勢は、しかし自由主義国におけるメディアの存在意義を再認識させてくれます。
権威を持つ側が明らかにしない、したくない事実を公開するということです。
これ、日本ではあまり見られないことで、そこは残念ですね。








[176] Re: 使用球問題(MLB)

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)23時59分20秒  返信

>それでボールをX線検査してみると実はボールの仕様が変わっていたという話だったと思うんですけど。

さて、いよいよここに来ましたか・・・・
実はその前に少し補足しておきます。

使用球温蔵庫乾燥仮説に立ちふさがったのが、この問題で、コミッショナーから委託されて問題を調査した科学者も含む委員会の報告書でした。

そこには、スタットキャストのデータを用いた分析では、それぞれのホームランボールの初速、射出角、飛行方向に全く変化が見られなかった。
つまり同じ条件で打ち出されたボールの「飛距離だけ」が伸びている。よって、ボールの空気抵抗に影響を与える何かの特性だけが変化したとみられるが、委員会は、ボールの製造過程に起因する原因を突き止めることはできなかった。

とあります。これが後に問題になった2018年の公式調査結果です。

もし、反撥係数が乾燥度で変わると、同じ条件の投球を、同じスウィングで打ち返しても、諸変数は変化します。
初速が上昇しますし、射出角も変わります。

それが、あっさりと「ない」といわれてしまうと、仮説は、ぐらぐらです。



[175] Re: 2010年宇宙の旅

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)23時22分57秒  返信

> 続編2作も映画化なさそうなので、これも読まねば。
>
2010年前後、「2061」「3001」を合わせて?映画化の計画があって、2015年封切りを目指していました。

楽しみにしていたのですが、残念ながらまだ実現していません。
しかし、可能性は完全に消えたわけでもないようです。



[174] Re: (無題)

投稿者: pui 投稿日:2019年 2月10日(日)23時17分23秒  返信

> 言わんとしたことは、1000通りの違った質問のなかには、本質的なもの、そして私が見落としているものが必ずある筈だという意味でした。

そういうことでしたか、汲み取れずすみません・・・w



> 例えば投手は、おそらくボールの手触りに関しては非常に繊細微妙な感覚を持っていて、今でもMLB仕様とNPB仕様の違いを細かく描写する人が多いですね。
>
> ならば、MLBの投手が、Humidor(加湿保管庫)設置前のデンヴァ―、クアーズフィールドにきて、ボールをどう感じていたのか?
> Humidorで水を吸って、重量が10グラム以上重くなったものとそうでないものを区別できるのか?
>
> 日本で仮にある球団が、保管室を乾燥目的に使ってボールの反撥係数を操作したら、選手がそれを見抜くことはできないのか?
> ただ、ここには、人間の感覚や学習効果に関する問題があって、確かに人間は、何かを感知したり、能力を向上させるさせる術を見つけることができるのですが、それが正しい方向に向いているというフィードバックをかけてやらないと、ランダムなノイズと正しいシグナルを区別できず、結果として地図なしに、原野でぐるぐると円を描いて遭難する=長期で見るといくら努力しても効果が表れないことになってしまいがちです・・・・
> つまり、その感触・努力を正しい方向に向けるシグナル・ガイダンスが必要ということです。

このお話で思い出したことがありました。
2017年にダルビッシュやカーショーらが「今年のボールは飛びやすい」と発言しましたが、コミッショナーは使用球の変更を否定するということがありました。
それでボールをX線検査してみると実はボールの仕様が変わっていたという話だったと思うんですけど。



[173] Re: 2010年宇宙の旅

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)23時00分9秒  返信

> ふ、深い…アレが人類の最終進化形態なら確かに恐れるものはないかも…ですね。
> でも、やはり人類はHALやボーマンになるより新天地目指して恒星間旅行目指しましょう。
> 新しい星でプロ野球開幕を迎え、タイガースを応援できる方が楽しい♪
> 長嶋さんの引退セレモニーでのG永久不滅宣言も守られるし(笑)

それなら、インターステラー路線ですね。
土星を回る軌道上に建造されたコロニーで、地球人の子孫は、野球ゲームに興じていますから。

あの映画ででてくる、ウラシマ効果、特に、死の床にある自分の娘から、人生の先達として、自分が今何をすべきかを教えられるというシーン、何度見直しても衝撃を禁じえません。

> 頑張れ、遠い未来の阪神ファン!妄想フル稼動。

地球外のコロニーだったら、ニューボストンレッドソックスと、ニュー阪神タイガースが同じリーグで優勝争いもありそうですね。



[172] Re: 2010年宇宙の旅

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)22時27分40秒  返信   編集済


> ビシッと書いたら【ネタバレ注意】になるので適度にボカシ入れました(笑)


Luciferという名称だけなら、ぎりぎりとどまったような(笑)。
天文関係の掲示板では、Lucifer計画が実現可能か、実際に数値計算が行われています。

それを紹介してみましょう。

まず、最大の難関は、質量です。だから、小説でも、モノリスが、あの星の質量を増加させる描写があります。
最低30倍質量を増やさないと、自分では発火できません。

しかし、それを全く無視して、単に現在の質量で、恒星に変換したとすると、

L1/L2=(M1/M2)^a

太陽など、普通に水素をヘリウムに核融合で還元している星が、「主系列星」と呼ばれるのはよく知られていると思います。
すべての星が、大部分の寿命をここで過ごすのですが、この状態にいる限り、明るさ
L(Luminosity)の比は、質量比の2.3乗で与えられます。

面白いですね。例えば何百億光年の離れた2つの星が、お互いを「知る」可能性はほぼゼロ。しかし、彼らは同じ法則に従って生まれ、成長し、死ぬ。
実際、宇宙の一つの隅ともう一つの隅で、同じ物理法則が保証されるかというと、そうでなくてもよいはずです。未だ、そうでないという証拠が観測されていないだけで。

さて、この式から得られる輝度、更にLuciferが地球からみて、太陽よりはるかに遠いこと、結果、地球が受ける熱量は、太陽そのものに比べて微増すらしないという結果になります。
実際夜空で、月よりも暗い結果になります。

あくまでLuciferは、あの星の衛星(今や惑星か。。。)の知的生命の進化を激変させる以外には使えないようですね。



[171] Re: 2010年宇宙の旅

投稿者: こすもたいが~ 投稿日:2019年 2月10日(日)17時04分40秒  返信   編集済

> これは、ルシファーのことですよね?
あ、ハイそうです。恒星ルシファー。
ビシッと書いたら【ネタバレ注意】になるので適度にボカシ入れました(笑)
しかし2個目の恒星は素晴らしい事ばかりとは限らないような気が…
タダでさえ地球温暖化が進んでるのに…とまた妄想。
2001年宇宙の旅観て、意味不明で悶々としてる方、ぜひ続編観てスッキリしてください。

> でも、HALやボゥマンに起こったことが、人類の未来の姿なら、太陽系が消滅しても、大丈夫といえませんかね?

ふ、深い…アレが人類の最終進化形態なら確かに恐れるものはないかも…ですね。
でも、やはり人類はHALやボーマンになるより新天地目指して恒星間旅行目指しましょう。
新しい星でプロ野球開幕を迎え、タイガースを応援できる方が楽しい♪
長嶋さんの引退セレモニーでのG永久不滅宣言も守られるし(笑)
頑張れ、遠い未来の阪神ファン!妄想フル稼動。

> ちなみに、映画には含まれないオリジナルの小説では、この後、2万年後の描写もあります。小説はさらに2061年、3001年と続いて行きますね。
2万年後の描写!知りませんでした。教えていただき感謝します。ぜひオリジナル読んでみます。
続編2作も映画化なさそうなので、これも読まねば。

> 考えてみたら、既に2010年は過去。
> 焦ります(笑)。
あ、焦りますね(汗)太陽系滅亡の頃、私達は存在してませんけどね(笑)

2019年現在でも、人類は火星にも到達していない。現実は厳しい…
太陽系滅亡までに、人類は恒星間旅行を実現できるレベルまで科学技術を進歩させて
新天地を見つける事が、果たして出来るのだろうか…



[170] Re: 2001年宇宙の旅

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)09時19分0秒  返信   編集済

> 続編の『2010年』で前作の謎が解かれる訳ですが、ある
> 素晴らしい事が起こります。
> これで太陽が寿命を迎えても人類は大丈夫。いや待てよ、
> 確か寿命の前に太陽は膨張して、地球は飲み込まれる。
> そしたら素晴らしい事は意味ないじゃん?

これは、ルシファーのことですよね?

でも、HALやボゥマンに起こったことが、人類の未来の姿なら、太陽系が消滅しても、大丈夫といえませんかね?

ちなみに、映画には含まれないオリジナルの小説では、この後、2万年後の描写もあります。小説はさらに2061年、3001年と続いて行きますね。

考えてみたら、既に2010年は過去。
焦ります(笑)。



[169] Re: (無題)

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)08時53分0秒  返信

> 千本という数ではないですがあの球界の荒行を受けた私には慢心を防ぐ効果はなかったように思いますw


あははは。そうでしたか、ご苦労様です。
言わんとしたことは、1000通りの違った質問のなかには、本質的なもの、そして私が見落としているものが必ずある筈だという意味でした。

以前から不思議だったことがあります。そして、これは万人が感じる疑問だとも思います。

例えば日本なら、統一球が導入される前、プロ選手は、球場毎に違ったボールを手にして投げていたわけです。
例えば投手は、おそらくボールの手触りに関しては非常に繊細微妙な感覚を持っていて、今でもMLB仕様とNPB仕様の違いを細かく描写する人が多いですね。

ならば、MLBの投手が、Humidor(加湿保管庫)設置前のデンヴァ―、クアーズフィールドにきて、ボールをどう感じていたのか?
Humidorで水を吸って、重量が10グラム以上重くなったものとそうでないものを区別できるのか?

日本で仮にある球団が、保管室を乾燥目的に使ってボールの反撥係数を操作したら、選手がそれを見抜くことはできないのか?
ただ、ここには、人間の感覚や学習効果に関する問題があって、確かに人間は、何かを感知したり、能力を向上させるさせる術を見つけることができるのですが、それが正しい方向に向いているというフィードバックをかけてやらないと、ランダムなノイズと正しいシグナルを区別できず、結果として地図なしに、原野でぐるぐると円を描いて遭難する=長期で見るといくら努力しても効果が表れないことになってしまいがちです・・・・
つまり、その感触・努力を正しい方向に向けるシグナル・ガイダンスが必要ということです。


以前も言ったように、掲示板に参加する層は、非常に広く、様々なエキスパートがいます。
そういう意見を聞けるチャンスは、大事だと思っています、時に苦痛を伴っても(笑)。



[168] Re: (無題)

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)01時03分22秒  返信   編集済

> それと同時にネットや報道で知ったことを簡単に「こんなことあったけど、どう?」といった具合に掲示板に書いてしまう自分が恥ずかしくもありますw


いや、それが普通でしょう。何も悪いことじゃないです。
職業柄、普通の対応ができなくなったこちらの問題ですよ(笑)。


暖かい返信に感謝。



[167] Re: (無題)

投稿者: pui 投稿日:2019年 2月10日(日)00時58分44秒  返信

>>166
> あ~いかん、愚痴ってしまった。この話題はこれで打ち留!

いやぁ、1つの議題やレスへの情熱やエネルギーの注ぎ方が違いすぎます。
そりゃ、捨て台詞でも吐かれた日には、その分失望も大きいかと。
ただただ敬服するばかりです。
それと同時にネットや報道で知ったことを簡単に「こんなことあったけど、どう?」といった具合に掲示板に書いてしまう自分が恥ずかしくもありますw


> ところで、千本ノックって、言い得て妙ですね。
> 己の慢心を防ぐために、偶には受けてみるか・・・・・・

千本という数ではないですがあの球界の荒行を受けた私には慢心を防ぐ効果はなかったように思いますw



[166] (無題)

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)00時28分23秒  返信

あ~いかん、愚痴ってしまった。この話題はこれで打ち留!

ところで、千本ノックって、言い得て妙ですね。
己の慢心を防ぐために、偶には受けてみるか・・・・・・



[165] Re: むしかご

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月10日(日)00時23分35秒  返信

こんなこともありました。

投手の肩の損傷について、解剖的見地から書いてみたことがあります。
本来四つ足歩行だった、動物が2つ足になった人間では、肩の関節が本来のデザインから90度後方に回転した形が、休めのポジションになっていますし、
動物ではありえない、90度前方へ回転した形が、スポーツで求められるものです。

解剖学で習い、実習で見たことが、「人間の肩関節は本来あるべきプロテクションが使えない」という事実でした。
それの引換に、モウションの自由度を手に入れているわけです。

そういうことを前提に、いろいろ書いたら、
「肩のX線をみたことがありますか」という返事がきました。

あのねえ・・・
まず技術的にみてX線で見るのは、X線が透過できない対象、つまりカルシウムを大量に含む骨だけでしょ。X線で見ているのは影。

それを改善するために、過去40年間に、MRI(Magnetic Resonance Imaging)という(これも正式には、NMR, Nuclear Magnetic Resonanceといいますが、Nuclearという言葉があまりに刺激的なので、技術用語としてしか使えません)という
技術が開発され、筋肉や関節の軟部組織が、実際に高解像度でみえるようになった。
その知見も入れているのに、この御仁は、自分がケガをした80年ごろに体験を基に、無意味なコメントをつけて、馬鹿にしてくれました・・・・・

この人、ペナトピの常連?で、よく見当のずれたコメントを書いて、からかわれていましたけれどもね。。。。。



[164] Re: むしかご

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)23時57分2秒  返信   編集済

一つ、告白をいたします。

ペナトピは、かなり真っ白でした。
何ページも続いて・・・
だから、返信があっても見えないケースが大半だったでしょう。

誤解のないように。
掲示板はあくまで趣味。
時間の無駄はしたくないという極めてエゴイスティックな姿勢です。

読んであれっとかおやっとか思えない意見、いくら全うでも、こちらから見て発見のないケースは敬遠していました。
勿論好き嫌いは、個人の問題です。
日常生活で、好き嫌いは努力して克服すべしという方針を自分に課しているから、その矛盾に悩むこともありました。

しかし、極少数ですが、掲示板には、「人間への希望」「善意という前提」が通用しない人たちも徘徊しています。
ある段階で、自分をプロテクトするために、止むを得ないと思い切りました。

掲示板に未熟だったころの例です。

立証責任というコンセプトがあります。議論に際して、争点について、どちらが証拠を出さねばらないかという事です。現在俎上にある案件に一方が証拠を上げ、それを基に論を進め、逆い相手側に質問を出し答えを求める。


そういうコンセプトはある程度常識で感得できるものですが、残念ながら掲示板には、「要求するだけ」という人も沢山います。初期に、そういう人と論になったとき、相手から求められるままに、どんどん証拠を出して、へとへとになったこともあります。毎回の調査には当然半日ほどかけてインターネットを徹底的に調査する必要があることもあります。例えば、MLBが使用球の保持方法を決めたニューズは、偶然手に入れたものですが、そのためには、当然網を張って定期的にインターネットをスキャンしています・・・

そんなことをいくらしても、最後に頂戴するのは、「捨て台詞」です。
「あんたのデータは、俺には説得力は全くないくず」ということがままありました。

それを言うそちらの発言こそ、何の説得力もない感情論と慢心じゃないかといい返したいところです。
しかも、こんなことに失われた数日のエネルギーも馬鹿になりません。

これを回避するには、

1.すべての議論に、科学的態度で臨み、時間とエネルギーを徹底的にかけて客観的な証拠を集めるという姿勢を改める

2.その姿勢で臨める限界を設定する

の2つの選択肢しかありません。

臆病者の私は、2を選択したということですね・・・


リストは、常に満杯でした。




[163] Re:

投稿者: pui 投稿日:2019年 2月 9日(土)21時38分23秒  返信

>>150

> ついでに、ペナトピに顔を出さなかったのは、あそこで論議をやるとテンポが速すぎて、即座に返さないといけない。
> 暫く置いておいてこちらの時間にということが、ほぼ不可能。
>
> しかし私にも本業がありまして(ははは)、その間に論争に引き込まれたら仕事がワヤですので(苦笑)。

なるほど、それでペナトピには来られなかったのですね。
いやでもペナトピでも合法的な反撥係数の操作のお話を当時にして欲しかったなぁ。
返事の千本ノックにUSAさんが苦しむことは間違いないでしょうけどw
当時のペナトピはマツダだけ反撥しやすいボールを使ってるわけがないとする意見が支配的だったかと。
そこに合法的な反撥係数の操作の話が出てきてたらペナトピの様相は一変したと思うんですよねー、私がそうであるように。



[162] Re: 2001年宇宙の旅

投稿者: こすもたいが~ 投稿日:2019年 2月 9日(土)20時51分34秒  返信   編集済

お、USAさん、V3さんも好きでしたか。それは嬉しいです♪
初めて見た時は終盤抽象的で謎を残した結末に何じゃコリャ?
でしたが歳重ねるごとに物語の奥深さを理解できるようになり、
映像の素晴らしさも再認識でき、とにかく面白いです。
『2001年宇宙の旅』では木星への有人探査が舞台ですが現実は
火星もまだこれから…SFの西暦通りにいかないですね。

続編の『2010年』で前作の謎が解かれる訳ですが、ある
素晴らしい事が起こります。
これで太陽が寿命を迎えても人類は大丈夫。いや待てよ、
確か寿命の前に太陽は膨張して、地球は飲み込まれる。
そしたら素晴らしい事は意味ないじゃん?
と、一人でツッコミ入れたりしました(笑)
前作が偉大すぎて評価イマイチみたいですが、謎解きの
ミステリー要素があって面白く、この作品も好きです。



[161] Re:

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)19時13分31秒  返信

> しかし、「ダイノソー・バロン」と来たか(笑)。

フィクションの世界でデューク(侯爵)東郷と名乗っている日本人?スナイパーもいるから、芸名としてはよろしいんじゃないでしょうか(笑)?



[160] Re: 万里長城不防胡

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)19時09分37秒  返信

> 意地になって国境に万里の長城の如き壁を作ろうとしている某超大国の大統領

坂の上の雲に、明治の日本人の懐の深さをつたえる逸話として、軍人すら昭和の単純な軍事専門家と違った文人が多かった例として、
セントぺテルスブルグでの八代六郎と広瀬武夫の逸話が挙げられていますね。

万里長城不防胡・・・・・・・・という漢詩を30歩歩く間に和詩に翻訳してみろとの八代の問いかけに、広瀬は、
すらすらと「盗人を我が子と知らず垣作り」と応じたと。

逸話のもとになった漢詩、それが真実なのかどうかに関わらず、同じことを言ってやりたい気がする。

序に、元の話は映画。それも、監督のクリエイターとしての才能に関する楽しい論議。

それとは、まったくかけ離れた話題で恐縮なのですが、The day after tomorrowという映画があって、かいつまんで言うと、Global Warmingが実際に地球に突然氷河気候をもたらす映画。
その科学的なプロットは、最近「あれと全く同じことが今地球でおこりつつあるんじゃないか」と専門家の間で密に噂されているほどです。

その結果、米国の北部(ワシントンDC、北緯37度の線以北)は、人間の住めない環境(氷結)になる。
以南の全人口を、南(つまりメキシコから南米)に脱出させるという決定がなされるが・・・・大量の難民に困惑したメキシコは、国境を閉鎖してしまう。
パニックの米国民は、国境に壁のない、リオグランデ川のUS側の鉄条網を破り、川を渡って強行突破する・・・というシーンがあります。
トランプは実際にここに壁を築こうとしている。
視聴者の間では、「トランプが実行したら、あれも不可能になるぜ」と話題になっている。

壁というのは、一方向だけの交通防止じゃないのでねえ・・・

この映画のようなことが起こる可能性もゼロではなく、難民が北から南に移動する可能性もあるのにね。

最近の一般教書演説に対するワシントンポストの反応は、

A discordant call for unity(統一を呼びかける演説が不統一とはこれいかに?)というもの。
およそ歴代の大統領の教書演説に対する記事のタイトルが、これほど、大統領に対する「リスペクト」を欠いたタイトルだったことは皆無です。





[159] Re: ステゴザウルス

投稿者: saber_tiger_v3 投稿日:2019年 2月 9日(土)16時02分33秒  返信

>>157
いや、私は爵位をもらった事がないし、実際男爵の爵位を持っている日本人もおられますので、勘弁してください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E7%88%B5

しかし、「ダイノソー・バロン」と来たか(笑)。

ステゴサウルスですね?
合っています。
剣竜下目の中では最大級の9mの体躯を誇る植物食恐竜。
まぁ、9mは最大でと言う事。
平均的には7m位。

で、姉妹トピにも書きましたが、背骨の突起部分にこの尻尾のスパイクと一致する怪我をしたアロサウルスの化石も発見されています。
用心棒だった件は、もう少し調べて。。。そのうち書きますね。



[158] Re: キューブリック

投稿者: saber_tiger_v3 投稿日:2019年 2月 9日(土)15時50分12秒  返信

前にカンブリア爆発の投稿で、

>スタンリー・キューブリックと言う映画監督の代表作「2001年宇宙の旅」と言う映画をご存知だろうか?
もし、「人生の中で必ず10本の映画を観なければならない。」と言う決まりがあったなら、私だったらこの映画を外す事は無いだろう。

と、書いているので。。。私の場合はキューブリックの映画では最も好きな映画だろう。。。と思っているかもしれませんが(誰も覚えてない?笑)、実は。。。キューブリックの映画で最も好きな(まぁ、順列をつける意味はないが)のは。。。
「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」です。
意地になって国境に万里の長城の如き壁を作ろうとしている某超大国の大統領に一番見てもらいたい映画ですね。
そもそもブラックジョークの塊の様な映画。
後に「ピンクパンサー」でクルーゾー警部を演じたピーター・セラーズ氏の一人3役(だったかな?)は必見です。
未見だったらお勧めします。
冷や汗を掻きながら大爆笑できる事請け合いです。



[157] ステゴザウルス

投稿者: Ouensitai.jp 投稿日:2019年 2月 9日(土)07時51分20秒  返信

しっぽが武器。闘う時は。
普段は草食うおとなしい奴ら。

大体合ってる?体長9mくらい。でしたね。

恐竜(なんて良い響き) 男爵(これならいい?)さん。



[156] Re:

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)07時38分49秒  返信

丁度今、職場の窓から、日没が見える。

一週間の終わり。



[155] Re:

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)06時32分24秒  返信   編集済

「吼える」コーナー、人気上昇中。

Ouenさんがほえる。
こすもたいが~さんがほえる。
Puiさんは、まだ?吼えない。
V3さんがほえた=恐竜もきっと吼える。
ウサ(実はUSAと名乗る前に、かつてそう呼ばれたことがある・・・・)が吼える。



ストレスの多い現代人には不可欠な場所だ・・・・
トラバクさん、ありがとう。




[154] Re:

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)05時38分59秒  返信

V3さん、こんばんは。

なるほど。

脳裏にあるイメージを明晰に描写するのは容易なことではないですが、それを乗り越えないと、他の人と理解を共有することは不可能。
そして、明晰な描写ができないということは、こちらの頭が悪いということの証明。


道尚険し・・・・



[153] Re: 加重平均

投稿者: saber_tiger_v3 投稿日:2019年 2月 9日(土)04時35分54秒  返信

>>144

あたしも吠えてよろしいかな。。。
って、勝手に吠えるけど。。。

>目の和の平均値(=期待値)を求めるときは、加重することが必要になります。

おそらくここです。
私にとって一番壁だったのはここです。
だって、1/6*2
6面体が2つ。。。
1が二つ出るのは1/6と1/6、和の数は2。
だったら、1/12。。。
1/6と1/12。。。
おそらく、ここが感覚的に解らない。。。
でもね、ここが解ると、統計って物凄く面白くなる。。。
これは昔、USAさんに教えてもらった事です。
だから、他の人にも、USAさん(違う意味で)にも解ってもらいたい。
何言ってんだか。。。ですね。
まぁ、吠えると言う意味合いで(笑)。
解りづらいですね。
失礼しました。

でも、おそらくここなんです。。。



[152] Re: 高校野球

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)01時47分10秒  返信

>こぞって丸坊主頭の高校野球は見るものに野球という競技へのネガティブな印象を与えてやしないかと心配です。
> 言葉の選び方が恐らくマズいでしょうが(笑)、封建的な印象を全国放送でお届けしてしまってやしないかなと。
> もちろん、野球の面白さも伝えてはいると思いますが。

MLBの取り組み姿勢を考えると、MLBなら等閑のまま放置はしない問題だと思います。
スポーツ全般で、パワーハラスメントが問題になってきて、これまでそこに入れるかは微妙ですが、トレイニングとか、練習にも様々な影響・制約が出てきそうです。

それを諸手を挙げて歓迎するわけでもありませんが(苦笑)。
徹底した訓練は、何かを習得するときに必要ですから・・・・・・



[151] 日本の気候と、合法的ボール操作の可能性

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)01時43分45秒  返信

次は、日本の平均湿度の年間変化です。

気象庁の公式データを参考に、グラフにしました(このサイトにこういうグラフをつけておいて欲しいですね・・・)

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_no=14&block_no=47412&year=&month=&day=&view=

日本の諸都市で、大差を示す土地はありません。ほぼ全域で、冬場60%、夏場最高で75%ぐらいの間。

野球シーズンなら、65%~75%という数字でしょう。

一方、流石にUSのように広大な大陸は違います。
アリゾナなど、季節によっては湿度20%もありません。

ここでは、ボールは、乾燥しすぎて飛びます。それを防ぐために加湿できる保管庫(写真2)でボールを保管する。

日本の場合だったら、その必要はないですね。ほぼ全都市同じ。
しかし、ルールで、保管庫を設けることは禁止されていません。
そして、保管庫の保管条件も、規定事項はありません(現在のところ)
仮に20%のHumidityで保管すれば、反撥係数で、0.4のものを0.5近くに変えることができます。

確か、試合前にすべての公式球は、アンパイアたちによってロージンをまぶされ、試合用に準備され、それを試合中使うはずでしたね。つまり、保存庫から出して、数時間は、その球場の気候で保管されるわけです。

V3さんから、「でも、乾燥させたボールがどれだけ長い間、乾燥のまま留まるか?」という全うな指摘があって、資料を調べてみたのですが、
ある条件から次の条件まで移行するのに何時間?何日掛かるかという正確な数字は得ていません。

しかし、具体的にArizonaやDenverでの保管は、最低一日とのことです。実際、ボールの内部のコルク、糸、その他が、乾燥から湿潤に移行するのが、5分や30分で済むとは思えません。


統計的にパークファクターの変動は有意ではないと判断しましたが(シーズン半ばの時点、シーズンが終わってのHR,長打のPFはまだ見ていません・・・)、それは測定時間の短さによるばらつきと真の異同が区別できないということでもあって、実際に微妙な増加が生じている可能性は否定できません。

人為的に、現在の規則では合法的に、ボールの反撥係数を、製造時の標準誤差以上に高くすることが可能である。
一方、現在の日本の諸都市の湿度を考えると、低くすることには、あまり余地がないように見えます。

よって、反撥係数をアップさせる一方向の操作が可能で、打力で他を圧倒するティームだけに有効な手段でしょう。
現在セリーグで最強の打力を誇る広島なら、反撥係数がやや高めなボールを保管庫を使って用意することで、アドヴァンテイジを増やすことは可能です。
これは、あくまで蓋然性。
そして、誰か知恵者がそれを実行に移しているかどうか?それは、あくまで推論です。

さて、MLBは、2018年にすべて球場で、ボールを一定の温度湿度で管理するよう通達しました。
https://www.si.com/mlb/2018/02/23/mlb-mandate-teams-store-baseballs
これは何を意味するでしょうか?

可能性が一部の関係者の間では周知で、それを実戦しているティームもあって、そのハンディキャップをなくすために、リーグ全体で統一ルールを設置したというのが、ありそうな推論ではないかと思います。
NPBは、知る限り未だ同種のルールを定めていません。
いずれ導入されるのか?興味のあるところでしょうね。






[150] Re:

投稿者: USA 投稿日:2019年 2月 9日(土)00時53分14秒  返信

> あ、「新好きに」の方でしたか、失礼しました。
> そちらも覗いてました。
Toto氏とのやり取り(笑)の部分が、新です。
そのあと、考察をまとめたのが、元祖好きにでした。

ややこしくてすみませんね。
ついでに、ペナトピに顔を出さなかったのは、あそこで論議をやるとテンポが速すぎて、即座に返さないといけない。
暫く置いておいてこちらの時間にということが、ほぼ不可能。

しかし私にも本業がありまして(ははは)、その間に論争に引き込まれたら仕事がワヤですので(苦笑)。


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.